クリニックで働く医師求人を探す,個人で開業したい人や院長を目指す人,将来の働き方を考慮する,自分の役割を考える,開業を目指す人にも
街の人の健康を守る街のクリニックの医師を目指す,クリニックの医師求人
頼りになる存在そんなかかりつけ医を目指してみませんか。

TOP 独立に向けた医師転職と求人の決定

独立に向けた医師転職と求人の決定

免許を得る事ができれば医者として、病院やクリニックを開くなど独立する事ができます。しかし、医者として病院などの中で実際に患者の診察を行った事がない人がいきなり、独立するというのは不安に感じる事もある様です。

まずは、何軒かの病院やクリニックに医師転職を行い転々として、勉強するといいかもしれません。

独立に向けた求人の決定は、ずっと病院で雇われて働き続ける事を前提とした人とは異なる場合もあるでしょう。

医師転職ではいろんな事を勉強しないといけません。
仕事の内容について、詳しい事は求人から確認したり、面接の際に、質問するなどして、身に付けたい事が学べるかどうか検討したいですね。

  1. 心療内科の医師転職の特徴について
  2. 医師転職で総合内科を選ぶ際のポイント
  3. 一般企業の医師転職の内容
  4. 介護施設における医師転職の取り組み
  5. 医師転職の特別求人のメリット
  6. 医師転職の際に意識すべきこと
  7. 医師転職で得られるメリット
  8. 医師転職がしやすい時代
  9. 医師転職でスキルアップ
  10. 医師転職について考えること
  11. 医師転職希望者の背景
  12. 経験を積んだ医師転職について
  13. 相談ができる医師転職
  14. 企業における産業医へと医師転職
  15. 企業における産業医へと医師転職

心療内科の医師転職の特徴について

心療内科の医師転職では今までの経験の長さや曜日や時間にあまりこだわる部分がなく、柔軟に患者のために動く事ができる人が求められやすいという特徴があります。

心療内科では突発的に患者が心身の不調を訴えてそこに来るケースが少なくないです。医師転職では定時出社、定時退勤を望めるものはあまりないです。難しい業務であるため転職先はすぐに見つけやすいです。反面、待遇面に比べて業務が大変であるため心身を短期間で疲弊しやすいという特徴があります。24時間365日常に患者の事を頭に入れておかなければならないものが多いです。

医師求人や転職関連の記事

医師転職で総合内科を選ぶ際のポイント

医師転職において総合内科を選択する場合、総合病院やクリニックをはじめとした幅広いタイプの職場で活躍できるため、職場に対する希望条件などを考慮しながらスムーズに求人探しができます。

総合内科では、様々な症例に対して的確な判断能力が求められるので、多くの経験を積めると共にスキルアップを図れるというメリットもあります。

また、首都圏をはじめとした全国各地において豊富な求人が存在しており、自分の希望するエリアで医師転職を行えます。

その際、医師転職に特化した専門サイトを活用することで、求人の把握に加えてコンサルタントによるサポートも受けられます。


メニュー

クリニックの医師求人HOME   医師求人   高収入 医師求人   医師転職   検査医 医師転職   医師アルバイト   医師バイト   中途採用医師求人   医師求人選び

"クリニックの医師求人"では、小さな規模の病院の医師求人についてをメインとして、大学病院など大きな病院への医師転職や条件に合わせた働き方ができる非常勤アルバイトや医師バイトについてのコンテンツを掲載しています。当サイトについては私たちについてのページをご覧ください。

一般企業の医師転職の内容

一般企業で働く医師の数は、年々増加傾向にあるとされ、勤務条件の良しあしにこだわることで、長期的に安心して勤務を続けることが可能となります。現在では、医師転職の取り組み方について、大手のメディアで詳しく紹介されるケースが目立っており、将来的なリスクを回避するために、求人担当者と念入りに話し合いをすることがポイントとして挙げられます。

また、医師転職を始める時期に関して迷っている場合には、同年代の人々の感想を聞くことが良いでしょう。その他、一般企業における医師の役割を正しく理解することが成功のコツといえます。

介護施設における医師転職の取り組み

介護施設における医師転職の取り組みについては、実に様々なメディアで分かりやすく紹介される機会が増えています。

とりわけ、恵まれた待遇が設けられている事業所のメリットに関しては、多くの求職者からの注目が集まっており、いざという時に備えて、医師転職のタイミングをきちんと検討することが重要となります。

また、設備が充実している介護施設の選び方をマスターするには、ある程度の経験が必要となることがあります。そこで、実際に医師転職を成功させた人から話を聞くことによって、何時でも安心して行動をすることが可能です。

医師転職の特別求人のメリット

医師転職を検討している人は、決して少なくないとされ、中でも特別求人に応募をするにあたり、専門的なスキルを身に着けることがとてもおすすめです。

人気の高い医師転職の求人の見極め方について、ネット上で大いに話題となることがありますが、なるべく信頼のおける情報を仕入れることが大事です。

また、特別求人の待遇の良しあしに関しては、一般の求職者にとって判断が難しことがあるため、時にはキャリアコンサルタントなどに助言をもらうことが良いでしょう。その他、医師転職を行う時期をじっくりと検討することが成功につながります。

医師転職の際に意識すべきこと

医師は数ある職業の中でも高収入で知られていますが、転職や独立開業次第ではさらに収入をあげることができます。そのため、最初に配属された、あるいは入った病院で知識や技術を磨き、その後自分が行きたい病院や所属したい科、あるいは夢の独立開業などに発展させていくことが重要です。

その際に意識すべきこととして、収入だけでなく、医師としての使命ややりがいなどを常に持っておくということが挙げられます。収入は医師転職の判断事項として重要ですが、それによって使命や働き甲斐を蔑ろにしてはいけません。その点も総合的に勘案して判断するようにしましょう。

医師転職で得られるメリット

医師転職には、様々なメリットがあります。まず挙げられるのが、年収のアップです。年収をアップさせたいという医師にとって、転職は大きなチャンスです。続いて挙げられるのが、スキルアップです。

今はあまり症例数をこなす事ができないけれど、職場を変えたら症例数が大幅に増えたというケースは珍しくありません。当然ながら多くの症例数をこなす事ができれば、スキルアップにも繋がります。また、人間関係に悩んでいる方も、転職によってその人間関係から解放される事となります。このようにたくさんのメリットを、医師転職によって得られます。

医師国家試験について

医師法(昭和23年法律第201号)第10条第1項の規定により施行される第113回医師国家試験の情報をご紹介します。

書類受付期間2018年(平成30年)11月1日[木曜日]~2018年(平成30年)11月30日[金曜日]
試験内容臨床上必要な医学及び公衆衛生に関して、医師として具有すべき知識及び技能
試験期日2019年(平成31年)2月9日[土曜日]及び2019年(平成31年)2月10日[日曜日]
試験地東京都、愛知県、石川県、新潟県、宮城県、北海道、
大阪府、香川県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県
受験手数料15,300円

書類提出場所(郵送)

受験書類を郵送する場合は、下記の医師国家試験運営本部事務所に提出。

※平成30年11月30日[金曜日]までの消印有効

提出場所医師国家試験運営本部事務所
所在地〒130-0022
東京都墨田区江東橋2丁目2番3号
倉持ビルディング第2ビル6階
電話番号03-6659-9687

書類提出場所(直接持参)

書類を直接持参する場合は、各地の医師国家試験運営臨時事務所にて受付。
北海道 ランスタッド札幌支店
宮城県 ランスタッド仙台支店
東京都 ランスタッド試験監督事業部
愛知県 ランスタッド名古屋支店
大阪府 ランスタッド難波支店
広島県 ランスタッド広島支店
香川県 ランスタッド高松支店
福岡県 ランスタッド福岡支店
沖縄県 人材派遣センターオキナワ

※受付期間は2018年11月1日[木曜日]~2018年11月30日[金曜日]
午前9時~午前12時までと午後1時~午後5時まで
(土曜日、日曜日その他の行政機関の休日を除く。)
下記は大阪府の医師国家試験運営臨時事務所の詳細です。

提出場所医師国家試験運営臨時事務所(大阪)
試験地ランスタッド難波支店 国家試験係
所在地〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中2丁目10番70号
パークスタワー10階
電話番号0120-655-502
受付時間9:00~12:00、13:00~17:00

※詳細情報はこちら
厚生労働省(医師国家試験の施行について)
https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/ishi/

医師転職がしやすい時代

医師が転職活動を行う場合には、転職活動に時間がとてもかかるようです。医師転職サイトが普及して転職活動をしやすくなったと言っても、今抱えている業務の区切りがついてからではないと動けないという事情があったり、医療現場であるがゆえに、半年以上かかってしまうことも少なくないようです。

医師が転職を考える場合は、キャリアアップや独立、好条件の職場へ変わりたいなど、さまざまありますが、売り手市場であることもあり、医師が自ら望む職場を選ぶことが可能であることが考えられそうです。医師を求める病院が増えたと言っても、ライフスタイルや条件の良い職場で働きたいものです。

医師転職でスキルアップ

医師としてのスキルアップを図るために医師転職を目指すとき、働きやすい待遇かどうかを確認することも大切です。しかしそれ以上に、今のところとどんな部分が違うのか、どういったことが学べるのかを基準に選ぶことが重要です。

同じ病院に長く務めていても、対応できる症例は限られてしまいます。医師として成長する機会を得たいなら、医師求人などの情報収集をしっかりしておきましょう。

しかし、外部の人間に設備や患者の傾向を教えてはくれませんので、医師バイトを利用して内情を探るのも医師転職に役立つ方法です。様々な経験を積んだ医師に診てもらえるのは、患者側としても嬉しいことです。

医師転職について考えること

医師転職というのは、医師が職場を変えることをいうかもしれません。また、医師以外の仕事に変えることかもしれません。医師が職場を変えて、新たな環境で能力を磨いて、経験を増やすための転職であるなら、医師としての成長につながるので、たいへん良いことと言えるかもしれません。

転職するというと、マイナスなイメージがあるかもしれませんが、転職によって世の中に優秀な医師が増えるなら、良いことと言えるでしょう。信頼できる経験豊富な医師が増えるなら、医療を受ける側にとっても、たいへん感謝すべきことと言えるかもしれません。

医師転職希望者の背景

医師と一口に言っても様々な働き方があります。いわゆる開業医と勤務医が形態としてはメインです。医師転職を考えた時に、前者ならば転職はありませんが(閉院はあります)、後者なら環境によっては充分あり得る話です。

主だった理由としては、やはり家庭の事情と職場で勤務負担の大きさでしょうか。勿論収入面での不満やスキルアップといった向上心のある転職理由もありますが、それについても割に合わない・時間がとれないといった現状の勤務内容に対する不満が背景にあると考えられます。最近では患者とのトラブルが負担・リスクとなるケースもあるようです。

経験を積んだ医師転職について

国家試験に合格して医師になると、まず研修医期間があります。そこである程度の経験をして、自分が志望する科に進みます。さらに、専門分野でのスキルを経験して、一人前に近づき、そこで病院によって、考え方も違うので、オペの手順なども変わってきます。

自分のスキルアップのために、色々な病院での経験をしたいため、他の病院に興味もわいてきます。そこで、派閥内であったり、知り合いの先輩医師がいてくれると、医師転職もスムーズにできますが、つながりがないとなると、なかなか難しい現状もあります。

いくつか医師専用の転職サイトなどがあると他の病院に移ることも考えられるのではないでしょうか。医師求人情報には条件や待遇などが分かりやすく記載されています。勤務地なども考慮しながら、スキルアップにつながる医師求人案件を探してみましょう。

相談ができる医師転職

大事な事ですので、自分だけで医師転職について考えてみると悩む事もあります。

しかし、医師転職については転職をサポートしてくれる会社に相談する事もできます。医師転職について人材のプロの意見を聞くと、役立つアドバイスをいただける事もあるでしょう。

また、医師としてだけではなく、医療機関ともやりとりを行う事が多いため、異なる視点から助言していただける事もあるでしょう。

医師転職について分からない事があれば、そのままにしないで、自分で調べたり、教えてもらうなどしましょう。医局に所属していない人でも、医師転職を行う際に頼られる転職エージェントがあれば、心強いのではないでしょうか。

企業における産業医へと医師転職

働きやすい事などから、企業における産業医へと医師転職する人は少なくありません。

産業医へと医師転職すると、企業で働く人が健康を維持できる様に努めるのが仕事となります。大きな会社となれば、たくさんの社員を抱えているため、産業医を募集している事もあります。しかし、産業医への医師転職は、人気があるため、競争が激しくなる事もある様です。

産業医へと医師転職したい人は、新しく出されたばかりの求人もしっかりと確認しましょう。人気があるからというだけでなく、自分が求人を確認し、条件に対して納得した上で医師転職に向けて実行しましょう。企業によっては、希望の条件に合わない事もあります。

医師転職希望

医師の数が不足しているというのはニュースなどでよく見ます。長時間に渡る勤務、人の命を扱うため責任が重い、などという事が挙げられます。特に、田舎や離島などでは更に深刻な問題となっているようです。

一部の診療科や病院が閉鎖するという事も起こりえます。救急車で搬送された患者が病院をたらい回しにされ死亡したニュースも記憶に新しいのではないでしょうか。

それも、医師不足が影響している部分もあるようです。一刻も早く、医師にとって働きやすい環境を作り、より高度な医療を患者に提供する必要があるのではないでしょうか。

医師の仕事内容は、大学病院に勤務する人、開業する人、医学関連の研究者として働く人など勤務先や勤務形態によって大きく変わります。また、仕事内容・仕事量・報酬などにも大きな違いがでてくるようです。

今までは、医局と呼ばれる制度があり、自分の意志よりも医局の人事に従って働かざるを得ない状況が存在していましたが、最近は自分で自分の仕事場を選ぶ医師たちが徐々に増えてきつつあるようです。

医師転職希望の方は、より日々最新技術や情報にアンテナを張っていなければならなくなっています。